ミクロ経済学

【5分でわかる!】クールノー均衡とベルトラン均衡の違いとは|演習問題・解答解説有り

経営工学徒レン
経営工学徒レン

こんにちは!都内理系大学で経営工学を専攻しているレンです。

今回は、クールノー均衡とベルトラン均衡の違いについて解説していきます。

花子ちゃん
花子ちゃん
なんとなく名前も似てるから余計にわかりにくい・・・

こんな悩みを抱えている人も少なくないかと思います。

そこで、大学の授業よりもよりかみ砕いてクールノー均衡とベルトラン均衡の違いについて詳しく解説していこうかと思います!

クールノー均衡とは

まずは、クールノー均衡についてです。

クールノー均衡を簡単にいうと、寡占状態において企業の利潤を最大にする生産量の事を言います。

クールノー均衡とは

クールノー均衡とは、寡占状態での企業の利潤を最大化する生産量の組み合わせのことを言います。

ベルトラン均衡とは

続いてベルトラン均衡です。

ベルトラン均衡とは、寡占状態における企業の利潤を最大にする価格の組み合わせのことを言います。

ベルトラン均衡とは

ベルトラン均衡とは、寡占状態での企業の利潤を最大化する財の価格の組み合わせのことを言います。

経営工学徒レン
経営工学徒レン
ベルトラン均衡は、別名クールノーの価格均衡とも呼ばれています!

クールノー均衡とベルトラン均衡の違いとは

ここまで読んでくださった方ならわかるかと思いますが、クールノー均衡は生産量に着目して企業の利潤最大化を計ったのに対し、ベルトラン均衡は財の価格に着目して企業の利潤最大化を計ったものです。

つまり、企業の利潤を逆需要関数を用いて求めるのがクールノー均衡、需要関数を用いて求めるのがベルトラン均衡とも言い換えられます。

クールノー均衡とベルトラン均衡の違い
  • クールノー均衡→利潤を最大にする生産量に着目
  • ベルトラン均衡→利潤を最大にする価格に着目

とは言っても、言葉だけで説明されてもわからない部分が多いと思います。

そこで、演習問題を一題用意したのでぜひ解いてみてください!

経営工学徒レン
経営工学徒レン
問題は次のページにあります
1 2